身体の機能を向上

アンチエイジングに見るプラセンタの効能

プラセンタにアンチエイジング効果があるのは有名なことです。
何といってもプラセンタは胎盤が原料になっており、胎盤は新たな命を生み出すための栄養の塊の上に、成長因子が入っています。
成長因子は細胞の活性化を促進し、身体の形成を助けてくれるのです。

また老化の原因といえるが活性酸素というが年齢を重ねるごとに活発になります。
これは年齢を重ねても酸素の供給は変わらないために、活性酸素が生まれる量が変わらないわりには、身体の中の機能の衰えにとって抗酸化作用の効果が落ちてしまうからです。
この状況は身体の内も外も活性酸素による老化を早めてしまうことになるのです。
しかしプラセンタは細胞の再活性化をはかり老化防止に役立ってくれるのです。

またプラセンタには身体の疲れをとってくれる効果があります。
肌のためにプラセンタを飲んでいたけれど、疲れを感じなくなったという人は珍しくありません。
またこのように疲れなくなったということで、疲労回復や安眠を十分にとれるようになったことによって、あらゆる病気に関わってくる活性酸素の害を取り除く効果も大きくなっているのです。
また女性は更年期障害という深刻な病にかかる可能性が大きく、保険適応の病の中に更年期障害におけるプラセンタ注射の治療というものが入っているほどです。

これは閉経などによってバランスが崩れることによって起こるといってもよく、卵巣機能の低下によっておこるホルモンバランスの乱れをプラセンタが調節して症状を改善してくれるのです。
このように身体のあちらこちらで細かいながらも活性酸素を抑えたり、ホルモンバランスを整えたりして老化を抑えて、成長因子によって代謝を活性化させて、身体を若がえらせるということはできなくてもアンチエイジング効果によって保たせることはできます。
老化は遺伝子の情報の一種ですので完全に抑えることは出来ませんが、何もしていない状態とは雲泥の差がでるといってもいいでしょう。
アンチエイジング効果はプロポリスにもあるといわれています。
プロポリスがどのような成分からできていて、わたしたちに与えてくれる効果効能はどういったものがあるのかなどがhttp://xn--1-pfu3dya9dq.com/に載っていますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 元気で強いカラダに All Rights Reserved.