身体の機能を向上

プラセンタ注射をすると出来なくなることとは?

プラセンタ注射を打ちますとできなくなることは輸血です。
日本赤十字社の発表では平成18年10月10日から禁止され、厚生労働省によっても決められました。
ヒト由来のプラセンタ注射で懸念されているのは、vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)の感染であると言われています。
しかしこれまでプラセンタ注射の使用を通じて、vCJDの感染は報告されていません。

また他の感染症にしても報告はまったくありません。
ですが輸血や、臓器移植と同様にヒト由来の胎盤からつくられているため、念のため献血が禁止されるようになったのです。
輸血から病気が感染したという症例がある限り、少しの危険も避けて国民を守るということでもあります。
これはどのような例外であっても破れませんので、病気でプラセンタ注射を受けている場合は存分に受けてほしいのですが、もし自分が少し珍しい血液型をしている場合は考えてみてください。

特に(−)マイナスと呼ばれる血液型の人は自分の血液が少し貴重であるという自覚をもってください。
有名なのはRH−AB型ですが、実はすべての血液型に(−)マイナスはあります。
A−、O−、など日本で多い血液型であるA型やO型であっても(−)マイナスの人は少なく、稀にですが献血センターから献血のお願いをされることもあります。

そんな時に後悔しなくてもいいように、プラセンタ注射を受けるならば献血はできない覚悟を決めて臨むというつもりでいましょう。
ちなみに(+)プラスの人は献血しなくていいというわけではまったくありません。
どちらかといえば献血の血を集めるのに大変苦労しています。

何も問題がなければ是非献血を行ってください。
悪いことばかりではありません。
血液の検査もしてくれますし、お菓子もジュースももらえて粗品もいただけます。
ただ不足しているからか、健康と判断されましたらたっぷりと血液を取られてしまいますので、体調がいい時にだけ行くようにしましょう。

Copyright(C) 2013 元気で強いカラダに All Rights Reserved.