身体の機能を向上

プラセンタ原液には規定が無いため濃度には注意!

プラセンタ原液に関しては厚生労働省などから定められている規定が存在していません。
そのためにプラセンタ100%と表示されていても本当に100%なのかということが分からないのです。
それでは何で判断すればいいのかといえば、信頼できるメーカーと値段の高さというある意味では、会社に対する信頼となります。

ちなみに純度が高くて質のよいプラセンタ原液は、100mlあたり約2万円という高価なものが一般的な値段といってもいいでしょう。
また防腐剤などの添加物もまったく使っていないために、3ヶ月と持たずに使いきる必要があります。
直射日光に当てることもできないほどに保管気を付けなくてはいけません。

プラセンタ原液は肌に塗るという使い方をしますので、直接肌から浸透していくということが言われます。
そのために不純物が入っているということは避けたいのです。
何も入っていないものこそ本当にプラセンタ100%といってもいいものですが、その使い方はいたって簡単です。

プラセンタ原液そのままを、洗顔後に顔全体にパッティングしたり、特に気になっているシミやシワ、色素沈着には重ねて塗りこむとより効果的とされています。
いきなり直接塗ることに抵抗のある人は、使っている化粧水などに混ぜて少しずつ肌に馴染ませていきましょう。
プラセンタ原液の扱いに慣れ、肌がよい方向に向かい、もっと効果があればと考えるようになる頃にお勧めなのがイオン導入器です。
イオン導入とされるものは、ごく弱い電流を肌に流す事によって、素肌につけてある化粧水や美容液などの成分等を直接、肌に浸透させていくのです。

つまりプラセンタの原液をさらに肌に深く浸透させていきわけです。
このような使い方をするようになるとプラセンタ原液は本当に不純物の入っていないものでなければ、不純物まで肌の奥にまではいってしまいますので気を付けて使用しましょう。
プラセンタが本当に100%不純物なしというのは素人では分かりません。
信用のおける専門家に相談して購入するのが一番確実と言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 元気で強いカラダに All Rights Reserved.